碧螺春茶

     碧螺春茶は中国「十大銘茶」のひとつで、西山は碧螺春の主産地です。碧螺春の元の名は、「びっくりさせる香り」と言います。清の康煕皇帝がこのお茶を飲んだ時、絶賛したが、お茶の名前が優雅で無く、「湯の色は碧緑、外形は螺旋、早春に摘まれる」ので「碧螺春」と命名されました。上等品の碧螺春は500gで、新芽が五万~六万枚が炒られています。


© 2012 著作権所有 蘇州太湖観光発展集団有限公司