太湖蟹

     太湖蟹は太湖水域に生息し、螃蟹とも呼ばれています。背中の甲羅は堅く盛り上がり、凹んだ模様が虎のようで色は青味がかった黒、腹部は青白く、へそのようなものがあり、雄は尖り、雌は丸く、硬い毛が有ります。蟹は回遊性生物で、毎年秋冬になると二齢蟹は性腺が成熟し、群生となって東へ移動します。川と海の接する浅い海中で繁殖し一生を終えます。翌年の初夏には、孵化後の稚蟹は逆流して太湖の水域に戻り、何度も脱皮を繰り返し、段々と成長して翌年には大蟹へと成長します。

     太湖蟹の重量は重く、蟹味噌が多く、肉質はキメ細かく柔らかで、身がのっていて、太湖蟹は「青殻、白腹、金爪、黄毛、大きな身体」の五大特徴で識別します。

     「秋風吹けば、蟹の脚が痒くなる」、寒露から立冬は太湖蟹が大量に市場に出回る季節です。民間では「旧暦九月は雌蟹食べて、旧暦十月に雄蟹食べる」、「菊を観賞し、蟹を食し、黄酒を飲む」という食文化が有ります。太湖蟹の伝統的な食べ方は蒸す、水煮、唐揚げ、酒酔、塩漬け等があります。身を取り出し、蟹肉獅子頭、孔雀蝦蟹、蟹油水晶球、炒蟹粉、蟹粉小籠包等といった有名な料理があります。


© 2012 著作権所有 蘇州太湖観光発展集団有限公司