お餅

   蘇州の餅は歴史があり、春愁に原型があり、隋唐の時代に始まり、明清時代に発展しました。蘇州の民間ではお餅は楽しい、団らん、幸せ等人々の幸福や生活向上を願った食べ物です。蘇州のお餅は小さな細工があり、色どり豊かで、甘く柔らかで腰があり、香り豊かです。二月二日「撑腰糕」、三月清明「青団子」、四月十四日「神仙糕」、五月初五「端午の粽」、六月二十四「謝灶団子」、七月中元節「ササゲ餅」、八月二十四糍粑を食べ、九月九「重陽糕」、十月「大根餅」、十一月「冬至団子」、十二月「キンモクセイ糖餅」

 


© 2012 著作権所有 蘇州太湖観光発展集団有限公司