綴れ織り

   綴れ織りは、刻綴ともいい、中国古くからある伝統工芸のひとつです。織り方が極めて細かな綴れで、複製品がオリジナルに勝る事もあるほどで、現存する逸品は大変稀であり、所蔵価値があり、オークションにも出品されています。「一寸の綴れ織りは、一寸の金の価値がある」、「聖なる織物」と言われています。蘇州の綴れ織りは南宋以降、各地に広まりました。

 


© 2012 著作権所有 蘇州太湖観光発展集団有限公司